So-net無料ブログ作成
検索選択
薔薇 - ガーデニング ブログトップ

クリスマスローズ [薔薇 - ガーデニング]

早春のお花の少ない時期に、毎年咲いてくれるクリスマスローズ。
今年も、色とりどり咲いてくれました。

花に見える部分は植物学上では「花」ではなく「がく片」という部分。色目もシックなものが多く、派手さはないけれど、まだまだ花の少ない寒い時期から長く長く楽しめます。

IMG_0946.JPG

河津バガテル公園 [薔薇 - ガーデニング]

今井浜がある河津には海だけでなく、いろいろ楽しめる場所があります。その一つが、河津バガテル公園。
パリのバガテル公園を再現したローズガーデンです。約1,100品種6,000本の薔薇が優美に迎えてくれます。

ランチは公園のワインカーヴというお店で、オリジナルのサンドイッチをいただいたのですが、なかなか美味しかったです。
広場の裏の方なので分かり難いですが、おすすめです。

DSCF1122.JPGDSCF1132.JPG

薔薇 [薔薇 - ガーデニング]

薔薇が好きで十数本の薔薇を栽培していますが、今年は花付きが悪く、大切にしていたつる薔薇のホワイトクリスマスが突然枯れてしまいました。昨年、カミキリムシをよく見かけていたので、どうやら幼虫に幹の内部を食べられてしまったようです。
カミキリムシの幼虫、テッポウムシは幹内部に入り込むのでやっかいです。木屑やぶんなどに注意し、穴が開いていたら殺虫剤を注ぎ込むとよいそうですが、気がつかず枯らしてしまい本当に残念です。

今年一番奇麗に咲いた薔薇は、「ライラックタイム」です。上品な紫が素敵です。

DSCF1061.JPG
左側ライラックタイム

5月17日からは、bunkamura(渋谷)で「薔薇空間 宮廷画家ルドゥーテとバラに見せられた人々」と題してポタニカルアート展が開催されています。ルドゥーテは、世界で最も美しいバラの絵を描く画家として有名です。
そのルドゥーテが描いた画集(1817〜24に刊行)、Les Rosesが再版されました。ぜひ手元に置いておきたい図譜です。
「LesRosesバラ図譜 ビエール=ジョセフ=ルドゥーテ 河出書房新社 定価14,700円」です。


御殿場 - Outlet(リビングローズカーデン) [薔薇 - ガーデニング]

御殿場にアウトレットモールができてかなり経ちますが、なかなか足の向かなかったローズガーデンに初めて行きました。
企画・運営は地元のNPO法人『土に還る木・森づくりの会』。活動趣旨にのっとり、最低限の薬剤使用や山麓の地中に浸透水浄化のための木炭を埋没するなど、自然環境保全に配慮されたローズガーデンです。
思った以上に広く、オールドローズやイングリッシュローズなど園内には約800種、5000本の世界のバラが栽培されています。こんなにすごいのにPR不足?ちなみに入園料は大人300円、小・中学生150円です。安すぎる....。

前から栽培してみたかったアイスバーグを発見。本では花が咲いてからの移り変わり、特に散り際はどうなのかなかなか分からないし、木の育ち方(姿)も分かりにくいので実際に見れるととても嬉しい!それにバラの芳醇な香りは近くでないとね。

ボランティアのおじさんがいろいろ詳しく説明してくれました。アイスバーグって呼ばれているけど本当は『シュネービッチェン』なんだって、知らなかった。かなりバラに詳しくて、最近のバラ情報はもちろん、5頭のいのししがミミズを食べにくる事や、うさぎが遊びにくることも教えてくれました。

手に持っているのは、一枝切っていただいたプレゼント。分かり難いけどおじさんが笹で作ったバッタも。素敵!
おじさん曰く、バラ好きがやってくると見ただけで分かるそうです。


薔薇が好き [薔薇 - ガーデニング]

「薔薇が好き」と言うと、ほとんどの人から「育てるの、大変じゃない?」と言われます。ですが薔薇だからといって特別な手入れがあるわけではありません。薔薇はとても強い植物で、春から12月にかけて数回花を咲かせ、庭に植えたりコンテナを利用したりと様々な栽培が可能です。

色、形、香りと、とても多彩ですばらしい花だと思います。


新しい仲間 [薔薇 - ガーデニング]

今年新たに加わった薔薇、『エイブラハム・ダービー』です。
色はピンクにアプリコットが合わさったような色をしています。イングリッシュローズの中でも栽培が簡単な薔薇だそうです。花もちも良く気に入っています。
今から10年前、イングリッシュローズの栽培を始めた時花を見て感激したものの、咲いてすぐ散ってしまう種類もありちょっとガッカリしたのですが、この薔薇はとても満足しています。
四季咲きで花付きもバツグン、次から次へと咲いてくれて、香も濃厚です。

薔薇の花にも流行がありますが、この品種は時代をこえて愛されるように思います。
最近気になっている薔薇『ベビーロマンチカ』を栽培してみたいと思っていますが、新しい品種らしくまだどこで苗が購入できるのかわかりません。


薔薇 - ガーデニング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。